妊娠してないのに妊娠線ができた原因!特に成長期の男女にできやすい

妊娠することで出来るのが妊娠線です。
しかし、実際には妊娠していないのに、お腹や太ももにできてしまうことがあります。

これはそもそもの妊娠線と呼ばれることで、誤解が生じてしまい分からなくなってしまうのが原因です。

特に中学性や高校生のような成長期にはできる人も多く、この疑問を持つ人もたくさんいます。

妊娠をしたから妊娠線ができる訳ではありません。
そもそもの原因を正しく理解することで、実際の理由が分かります。

この誤解をしている人はまずは正しい原因を知ることで、ケアをして消すことができるようになります。間違った認識をしている人はこの記事をご覧ください。

妊娠してないのに妊娠線ができる理由

妊娠線は正式な名称ではなく、一般的に使われることの多い呼び名です。

妊娠した人であればこの呼び名で呼ばれることが多いです。
別名としては肉割れやストレッチマークや脂肪線などの呼び名です。

これらの症状は全て同じ症状となっていますが、何が原因かによって呼ばれ方が変わってくるのですね。

妊娠してないのに妊娠線ができた人は、からだが変化をしたことが原因となります。

  • 脂肪増加により太った
  • 運動や筋トレで筋肉が付いた
  • 肌が乾燥をしている

これらの変化が原因となり、妊娠していないのに妊娠線ができる理由となります。

特に成長期の中学生や高校生にできやすい理由

特に成長期の学生は妊娠してないのに妊娠線ができやすいです。

10代の子供は骨格や筋肉が付きやすく、大人と違い成長をしています。
そのため、脂肪や筋肉が付きやすいので、特に妊娠線ができやすい人の特徴となっています。

そもそもの原因は内側の皮膚が切れてしまうことにあります。
からだの成長する速度に皮膚が追い付くことができないので、切れてしまうのですね。

妊娠していようが男性であろうがこの症状ができてしまうことがあるのです。
そして、最も悩まれやすいのが成長期の中学生や高校生なのですね。

できた妊娠線は治らないが消すのをあきらめる必要はない

内側の皮膚の真皮が切れることが原因となる、妊娠線は治らないです。
だからと言ってあきらめる必要はありません。

妊娠線は皮膚の中でも真皮などの再生をしない細胞まで切れてしまっています。
そのため、新たに引っ付いたり作られることはないので、治らない症状となっています。

しかし、内側の皮膚と言っても真皮だけではなく、表皮やメラノサイトや様々な細胞があります。そのため、きちんとケアをしても良いですし、何年も自然とたてばだんだんと目立たなくなってきます。

多くの女性はあきらめたくないので、妊娠線のできた人向けのクリームなどを使ってケアをしています。

私の体験談について知りたい人は下記をご覧頂ければと思います。

妊娠線を消すクリームを実際に使った体験談

金のかからない原因の解消をして予防をしましょう

妊娠線ができたのであれば、太ったのか筋トレをしていたのが原因があります。
まずはこの原因の解消をして、症状の悪化を防ぐ予防対策をするようにしてください。

あなたが妊娠線ができたばかりであれば、周辺や他の部分に関しても、内側の皮膚が切れそうになってることが考えられます。

全身が太ったり筋肉が付いたりするので、一部分だけでの話ではないのですね。

そのため、まずはダイエットをしたり、筋トレの頻度を控えたりなど、原因の解消をするようにしてください。

特に成長期の学生はお金をかけずにできる部分でもあるので、最優先で行うようにしましょう。

妊娠線は自然とどれぐらいの期間で薄くなる?

妊娠線が自然ど薄くなるには、どれぐらいの期間が必要なのか気になる人も多いです。

これには残念ながら人によって違うので、明確な期間はありません。

3ヶ月ほど立つと妊娠線の色が赤から白に代わるので、この時に薄くなり目立たなくなります。ただ、色が変化をしてもまだどうしてもわかってしまいます。

これ以降は長い時間が必要となります。

自然と薄くなって目立たなくなってくるまでには数年は必要だと考えておく必要があります。

それも、完全に消える人はほとんどいなく、うっすらと残ってしまう人もいれば、まだ目立つって人もいます。

将来このままずっとが嫌なのであれば、原因の解消とクリームを使ったケアをするようにしましょう。

妊娠線消すクリーム

プレマーム

ピックアップ記事

  1. 妊娠線の誤解として多いのがお腹だけに出来ると思われていることです。実際には胸やお尻に妊娠線…
  2. 妊娠線のケアに使うクリームで安いのと言えばニベアを使う人が多いです。花王より販売されてい…
  3. 妊娠することで出来るのが妊娠線です。しかし、実際には妊娠していないのに、お腹や太ももにできてしまう…
PAGE TOP