ニベアは妊娠線の予防対策ならおすすめ!アフター用として消すのには?

妊娠線のケアに使うクリームで安いのと言えばニベアを使う人が多いです。

花王より販売されているクリームで価格が安いのがなによりの魅力ではないでしょうか?
私もニベアは妊娠線の予防対策で使うならおすすめすることができます。

但し、すでに出来た人がアフター用として使うのであれば、おすすめすることはできないです。
その理由は原因であったりニベアの効果を知れば、多くの人が共感をしてくれるのではないかと思います。

実際、ニベアでアフターケアに成功したって口コミはほとんど見かけたことがないです。

この記事ではニベアの効果を知ることでなぜ予防対策ならおすすめできるのか解説しています。
また、なぜアフター用としてはおすすめできないのかが分かるようになっています。

予防したい人も消したい人もどんなクリームを使っていけば良いかが分かるようにもなるはずです。

ニベアの効果は保湿

花王のニベアクリーム

花王より販売しているニベアの効果は「保湿」です。

下記は販売元の花王の公式サイトから引用をしたものです。

肌にうるおいを与えるスクワラン、ホホバオイル配合。
健康でしっとりした素肌を保つスキンケアクリームです。
引用先:花王株式会社 ニベアクリーム

肌にうるおいを与える為のスキンケアクリームで、保湿効果がある製品なのですね。

たまにでたらめな効果で解説がされているサイトがあったりしますが、勝手な解釈ではなくきちんと販売元の情報を確認するようにしましょう。

妊娠線は乾燥をするとできやすくなる

妊娠線にニベアが人気な理由としてはその原因にあります。

もともと妊娠線は皮膚の切れ目が炎症して赤くなりますが、肌が乾燥をしていることが関係をしています。
乾燥をしてうるおいの失われた肌は、弾力が失われてしまうので、ハリもなくなっていきます。

極端な例でいえばカサカサな状態となり、弾力とは無縁の状態となります。

太っただけでも出来る肉割れと同じ症状ですが、妊娠時には急激にお腹が膨らみます。
それにも関わらず、妊娠線ができなかったりする人もいます。

それはもともと体質的な問題も関係をしていますが、肌にうるおいが保てているかが関係をしているのですね。

ニベアは妊娠線の予防対策に使うのにはおすすめできる

ニベアが妊娠線の予防対策に使うのにおすすめな理由は4つあります。

  1. 価格が安いし
  2. コスパが良い
  3. 薬局やドラッグストアで市販されてる
  4. 妊娠線の予防対策に必要なのは保湿

他の肌トラブルと違い直接的な原因となるお腹が膨らむのはどうしようもない部分です。
そのため、予防対策としてできるのは保湿をして、肌にうるおいがある状態を保つことぐらいです。

高価なクリームを使ったとしても必ず予防に成功をすることができる訳ではありません。
それなら、保湿効果として評判のあるニベアを使うのはおすすめされているのも納得できますし、個人的にもそう思います。

妊娠の予防対策に必要となるのは保湿して弾力を高める

妊娠線の予防対策でケアの部分に必要なのは保湿をすることだけです。

それ以外の部分なら、生活習慣の部分でのストレス・寝不足・食生活・運動不足などを解消して、代謝を低下して乾燥をしづらい状態にすることです。

高価の妊娠線クリームは様々なのが販売されてはいたりします。
しかし、化粧品を使う上で最も大切なのは「肌に合っているか」の部分です。

もともと妊娠時はホルモンバランスの乱れや生活習慣の悪化で、乾燥がしやすい状態ではあります。
ニベアを使ってみて肌の調子が良くなったと感じたのであれば、効果があらわれているってことです。

結局は大事なのは保湿なので、ニベアを使って肌に合っていると感じるのなら、わざわざ高価なのを使う必要はないと個人的には思います。

高ければ効き目がありそうと感じたりはしますが、どの成分が必ずしも肌に最も良いなんてことはなく、値段と効果は関係がありません。

ニベア青缶は価格も安くコスパが良い

花王より販売されているニベアは3つの種類があります。
他にもリップクリームなどもありますが、ボディクリーム用としては下記になります。

  1. チューブタイプ50g
  2. ニベア青缶(中)56g
  3. ニベア青缶(大)169g

ニベア青缶の中サイズは350円ほどで販売がされています。
一方で大サイズは倍の700円ほどです。

妊娠線の予防は中期頃から産後数か月間はケアをし続けるので、ニベア青缶の大サイズを使うのが圧倒的にコスパが良く、安いのでおすすめすることができます。

ニベアはアフター用として使うのはおすすめしない

ニベアはすでに妊娠線ができた時のアフター用として使うのはおすすめすることはできません。

その理由としては下記の2つのことがあります。

  1. 口コミでも効果を感じている人を見かけない
  2. レジストリルなどの成分が配合されていない

ボディケアの基本は保湿をすることであり、全ての肌トラブルに共通をしていることでもあります。
そのため、保湿効果のあるニベアでケアをすることで、効果が全くないなんてことはありません。

たまに保湿成分しか配合されてないから意味がないなんて紹介されていることもありますが、それは間違えでありそんなことはありません。

ただ、現実問題として予防で使って成功したなどの口コミは見かけるものの、アフターケアで効き目を感じているのをほとんど見かけないです。
保湿をすることは妊娠線のアフターケアにも有効ではあるものの、人気のアフター用に配合されてる「レジストリル」などの成分が含まれている訳ではありません。

そのため、ニベアクリームは妊娠線を消したい人にはおすすめできないです。

妊娠線のアフターケアには

妊娠線ができた人はアフターケアにはそれ用のクリームを使っていくのがおすすめです。

評判が良いのだと「ノコア」や「プレマーム」などがあります。
他にもいくつか種類はあるのですが、多くが予防したい人用であり、アフター用のはあまり見かけることができないです。

こういったアフター用は口コミでも効き目を感じているなど評判が良いです。
予防用の保湿効果でも効き目がないなんてことはありませんが、できた人向けに成分が配合がされた方が、評判はよくなるのは当然のことかと思います。

実際、口コミでは市販のクリームを使ってたけど、変えたら効き目を感じれたなどもあります。
私自身もアフター用のクリームは使った経験があり、消したいって人にはこちらを使うのをおすすめすることができます。

妊娠線を消すクリームとも言われるアフター用に配合されてる成分の「レジストリル」も含め、下記で人気のや私が使ったのを紹介しています。
どんなのがあるのかまだ知らないって人や「レジストリルとは」って人は参考になるはずです。

妊娠線を消すクリームを実際に使った体験談

妊娠線消すクリーム

プレマーム

ピックアップ記事

  1. 妊娠線のケアに使うクリームで安いのと言えばニベアを使う人が多いです。花王より販売されてい…
  2. 妊娠することで出来るのが妊娠線です。しかし、実際には妊娠していないのに、お腹や太ももにできてしま…
  3. 妊娠をしたり・太ったりすることで出来る妊娠線ですが、人によって線の色は異なってきます。この…
PAGE TOP