胸やお尻の妊娠線ケア!お腹だけでなく妊娠線は全身にできる

妊娠線の誤解として多いのがお腹だけに出来ると思われていることです。

実際には胸やお尻に妊娠線ができてしまう人も多く、太ももや膝裏など全身にできることのある症状です。

しかし、この誤解から何もケアをしておらず、できた胸やお尻にできた妊娠線を消したいって人も多くいます。

お腹は大きく膨らむので最もできやすいのは間違いないのですが、妊娠中から産後は運動不足やストレスから脂肪が付いたりもしやすいです。これらの誤解は妊娠線の原因を正しく理解できていない為に、できてしまっています。

この記事では胸やお尻にできた妊娠線を消したいと思ってる人向けの記事となっています。正しい原因を知ることで本当に必要なケアの仕方が分かるようになっています。

胸やお尻に妊娠線ができる原因

日本では妊娠線には様々な呼び方があり、肉割れと呼ばれたりします。同じ症状ですが、一般的に知られている肉割れの原因によって、胸やお尻に妊娠線ができてしまっています。

胸やお尻に妊娠線ができる原因は、太ることで脂肪が急激に増加をして、内側の皮膚が切れる為です。お腹であれば赤ちゃんの成長で膨らむのが原因ですが、お尻や太ももは脂肪や筋肉の増加が関係をしているのですね。

妊娠をすると運動不足・ストレス・食生活などの生活習慣の部分が今までとずれてきてしまいます。また、産後に関しては夜泣きなどで寝不足やストレスなどに悩まされます。

そのため、脂肪が増加をして太ることで、胸やお尻や太ももなど脂肪が増えやすい場所に特に妊娠線ができる原因になるのですね。

お腹は妊娠線と呼ばれることが多く、その他の部位は肉割れと言われますが、この2つは全く同じものであり、日本では呼び方が違うだけなのですね。

胸やお尻の妊娠線は少しづつ原因を解消することが必要

胸やお尻の妊娠線はお腹に比べて、原因を解消をしていくことが大切です。何もしていかないと赤い線の数が増えたりしますし、目立たなくしたいのであればなお必要なことです。

お腹であれば産後は原因となっているパンパンと膨らんでいくのは改善がされます。しかし、胸やお尻の原因は脂肪の増加が関係をしています。

産後も夜泣きなどによる寝不足やストレスで生活習慣は乱れやすいです。そのため、産後太りと言われるように太ったりしやすいです。

できた妊娠線のケアと線の増加を防ぐ為にも、ケアをしていくだけでなく原因を解消する為に、少し運動をしたりするようことが重要となってきます。

妊娠線の部分のみで考えるのであれば、必ずしも痩せるのが必要なのではなく、太らないことが大切なのですね。

胸やお尻の妊娠線ケア

胸やお尻の妊娠線ケアは下記の2つを行うようにしましょう。

  1. アフターケア用の妊娠線クリームを使う
  2. 少しづつ運動をして太るのを防ぐ

今までは妊娠線の予防対策としてクリームや市販の保湿クリームを使っていたはずです。できた人はアフターケア用のが販売されているので、そちらを利用するようにしましょう。

予防であれば大切なのは保湿をして弾力を高めることなので、薬局で市販の安いクリームを使っている人も多いです。しかし、できた人はアフターケア用に変えるようにしていきましょう。

但し、妊娠線クリームと言っても公式サイトなどを見ないと、予防したい人向けかアフターケア向けかラベルなどには書かれていないことも多いので、間違えないように注意をしてください。

胸の妊娠線はクリームを使う前に必要な注意事項

産後の妊娠線ケアは今までのように肌に合うかだけを気にすれば良いわけではありません。

授乳などを行っていくこともあるので、胸の妊娠線に付けるクリームについては、注意をしなければなりません。赤ちゃんの口に入ってしまうのが考えられるので、気お付ける必要があります。

多くの販売しているクリームの公式サイトで授乳していても胸に使って良いのかの確認や、産婦人科の医師に相談をして利用をするようにしてください。

まだ妊娠中の人は市販のクリームで胸やお尻のケアも有効

まだ妊娠中の人であればアフターケアは置いておいて、まずは予防対策として市販のクリームを使っていくのも有効です。

もともと妊娠線は目立たなくはなるものの、完全に治ることはない症状です。まったく消えたようになる人もいますが、実際は内側の皮膚の奥にある真皮は切れています。

そのため、安いクリームを使いたいって人はまずは予防対策として、市販の保湿クリームを使いましょう。また、アフターケアであっても肌の基本は保湿をして、肌にうるおいを与えることです。

アフターケア用のクリームの口コミを見ると、「市販の保湿クリームだと効果がなかったけど、変えたら効き目を感じれた」などあります。しかし、肌の基本は保湿でもあるので、意味がない訳ではありません。

胸やお尻は最初からアフターケア用がおすすめ

個人的なおすすめとしては、最初からアフターケア用のクリームでケアをしていくことです。

確かに市販の安い保湿クリームに比べると、妊娠線用のクリームは価格が少し高くなります。しかし、後ほどアフターケア用に変えるのであれば、すでに出来た人は最初から使っていくのがおすすめです。

アフターケア用のクリームも当然のことながら、保湿成分が配合されています。そのため、保湿して肌の弾力を高めるケアも同時にしていくことができます。

できたのはあきらめるって人であれば、市販の保湿クリームが安くておすすめですが、ケアをしていきたいって人は、最初からアフターケア用の利用をしていくのがおすすめです。

人気のクリームの比較や私が使った時の話は「妊娠線を消すクリームを実際に使った体験談」の記事で紹介をしているので、ご覧ください。

妊娠線消すクリーム

プレマーム

ピックアップ記事

  1. 妊娠線の誤解として多いのがお腹だけに出来ると思われていることです。実際には胸やお尻に妊娠線…
  2. 妊娠線のケアに使うクリームで安いのと言えばニベアを使う人が多いです。花王より販売されてい…
  3. 妊娠することで出来るのが妊娠線です。しかし、実際には妊娠していないのに、お腹や太ももにできてしまう…
PAGE TOP