私自身が妊娠線ができた体験談を元に消す方法から原因まで解説しています。私はできた妊娠線を消す為にクリームを使いました。クリームの口コミやレビューもしています。また、美容皮膚科のレーザーや炭酸ガスについても解説。妊娠線ができてケアをしようとしている人はコチラ。

妊娠線はクリームで治らない!消すためにケアをする

妊娠線はクリームで治らないが消える症状

初めに妊娠線について知っておいて欲しいのが、クリームを使っても治らない症状ってことです。
ただ、薄くなって消えたように見えたりしないのかと言うと話は違うってことです。

妊娠線ができるとクリームを使って消そうと思っても失敗をしてしまう人は多いです。
それは少し調べると「妊娠線は治らない」と知ってしまうので、あきらめてしまうからです。

日本語って難しいもので印象などで捉え方が変わってしまいます。
そもそも、妊娠線は治ったりしないですが、ケアをしなくても自然と薄くなって、目立たなくなってくる症状です。

温泉や海で子供を連れたお母さんはくっきりと線がありましたか?
あなたのお母さんは今でも妊娠線がお腹に目立っていましたか?

妊娠線はだんだんと薄くなっていき、目立たなくなってくるのですね。

妊娠線を消したい人へ向けて原因から消す方法まで詳しく解説をしています。
また、私ができた時は色々なクリームを試したので、それらの口コミも一緒に紹介をしています。

妊娠線クリームの目的による選び方!消すのか予防かによる違い

消したいのか予防したいのかでクリームは違う

妊娠線クリームを使う人には2通りの人がいます。
そのため、何の目的を使うのかによって使うクリームは異なってきます。

  1. できた妊娠線を消す目的の人
  2. 妊娠をして予防をする目的の人

化粧品と言っても様々な種類がありますが、目的によって成分が考えられて配合されています。
それは妊娠線でも同じように予防をしたい人向けのと消したい人向けのと2種類あります。

あらゆる肌トラブルを改善する基本は保湿なので、違うのを利用したとしても効果がない訳ではありません。
どんな化粧品にも保湿成分は含まれていますからね。

ただ、せっかく考えらえて成分が配合されているのに、知らずにではなくあえて違う目的のを選ぶ必要はないはずです。

妊娠線を消すならアフターケアのクリーム!薬局やドラッグストアではあまり見かけない

妊娠線が消したい向けにアフターケア用のクリームが販売されています。

予防目的の人向けだと薬局でも販売がされていたりするのですが、あまりドラッグストアなどの店頭でアフター用は取り扱いがされていないです。

すでに白い線や赤い線ができた人向けのクリームは通販限定で販売しているのが多いです。
アマゾンや楽天通販で取り扱いがされていますが、割引がされる公式サイトを利用するのが一般的です。

理由としては圧倒的に予防をしたい人が多いのが考えられます。
妊娠をした女性のほとんどはケアをしていますが、その中の約半数が妊娠線ができてしまい、アフターケアをします。

そのためか、アフターケア向けに販売しているクリームの種類が少ないです。

妊娠線の原因は皮膚が切れること!胎児の成長や太ったりして出来る

妊娠線は皮膚が切れるのが原因

そもそも妊娠線の原因とは皮膚が切れることで起きます。
別名で肉割れと呼ばれ、海外だとストレッチマークで知られています。

お腹の中の赤ちゃんが成長をすることで急激に膨らんできますが、皮膚の中の真皮やコラーゲン繊維などの細胞はすぐに成長はできません。お腹がパンパンと張った状態となり、切れてしまうことが原因となるのが妊娠線です。

根本的な原因は皮膚が切れることなので、脂肪や筋肉の増加でも妊娠線はでき、お腹やお尻や太ももや背中と全身にもできる可能性はあります。

  • 妊娠して赤ちゃんの成長によるお腹の膨らみが原因となるのを妊娠線やストレッチマーク
  • 太ったり筋トレによる筋肉や脂肪の増加が原因のを肉割れ

妊娠線や肉割れやストレッチマークと白い線や赤い線が入る症状はありますが、何が理由かの部分による原因の違いによって呼び名が異なるだけです。

妊娠線が治らない原因!新たに作られない皮膚の細胞の断裂

妊娠線が治らない原因としては新たに作られない皮膚の細胞である真皮も切れてしまうからです。
人は傷がついても肌の表面の表皮と呼ばれる皮膚細胞であれば、新たに作られるので治ります。

しかし、妊娠線は内側から真皮から角質層まで切れてしまうことが原因となります。

そのため、クリームを使おうが病院でレーザーや炭酸ガスで手術をしようが、治ることはないのですね。
ただ、肌を構成しているのは真皮やコラーゲン繊維だけではありません。

そのため、妊娠線を消す為に多くの人がケアをしているのですね。

妊娠線を消す方法!

自宅や病院で妊娠線を消す方法

妊娠線を消す方法としては主に3種類です。

  • アフターケア用の妊娠線クリームを使う
  • 美容皮膚科でレーザーで治療する
  • 美容皮膚科で炭酸ガスの注射をする

これらの消す方法のどれかを選ぶのですが、病院での治療は治療費が高額になってしまいます。
そのため、自宅でお手軽にでき価格も治療に比べ断然安いのでクリームを使って消すのが一般的です。

他にもエステや美容整形を考える人もいますが、確かに肌のケアの部分で効果が無い訳ではありません。
ただ、何度も行かなければならず、金額的面を考えても現実的ではありません。

セルライトと呼ばれる老廃物が原因となる、妊娠線と似た症状があるので、間違えている可能性があります。

自宅で自分で消すならクリームでケア

自宅で自分で妊娠線を消すのであればクリームでのケアとなります。

クリームで消す方法の最大のメリットは手間がかからない点です。
そして、治療に比べて料金も安いので利用者が多いです。

20代や30代の女性だけでなく、男性も仕事や人付き合いで忙しいです。
妊娠をして仕事を休んだとしても、これから子供のお金もかかってきますし、産後は抜け毛や肌トラブルに悩まされることもあります。

そのため、価格と手間の2点からクリームで消す方法を選ぶ人がほとんどです。

美容皮膚科で消すならレーザーや炭酸ガス

美容皮膚科やクリニックではレーザー器具を用いた治療が行われています。
また、炭酸ガスを直接注射をする手術を行っている病院もあります。

この2つの治療法は健康保険が使えないので、全額負担となります。
また、1度の手術で効果がある訳ではなく、5回や6回と行っていかなければなりません。

そのため、1回2万円近くの合計で10万円をこす、高額な治療費が必要となります。

妊娠線ができてはじめから美容皮膚科で治療をする人は少ないです。
クリームを使っても症状がひどくてどうしても薄くなったり消えないって人や高額な治療費が気にならない裕福な人です。

まずはクリームでケアをしてみて、生活習慣の部分で肌に与える悪影響の原因の関係などにより、ひどい症状が全く改善されないようなら、病院での治療を検討してみるのがおすすめです。

妊娠線は完全に消えない人がほとんど!薄くして目立たなくする

妊娠線はどんな消す方法を試したとしても、完全には消えない人がほとんどです。
海で気づかれないほど消えたとしても、至近距離で見ればうっすらと見える人が多いです。

私であれば妊娠線があった場所の皮膚を手で伸ばすと、白い線が見えてきます。
ただ、この状況であれば消えたと言っても良いのではないかと思います。

妊娠線は治らない症状でもあるので、どんなにケアをしたり時間がたっても、完全には消えない人がほとんどなのですね。

ただ、目立たなくはなってくるので、私の場合であれば日常生活で妊娠線のある場所をわざと伸ばすなんてことはありえないですし、海へ行ったとしても友人に近くで見られても気づかれないです。

妊娠線は治したりする為ではなく、薄くして目立たなくする為にケアをするのですね。

ピックアップ記事

  1. 妊娠をしたり・太ったりすることで出来る妊娠線ですが、人によって線の色は異なってきます。…
  2. お腹に妊娠線だけでなく、おへそから縦に黒い線ができてしまうことがあります。この症状を正中線と…
  3. 妊娠をした多くの女性にできるのが妊娠線です。お腹に白い線や赤い線ができてしまう症状です。…

カテゴリー

PAGE TOP